世界水泳福岡大会が延期した理由、開催場所、開催日時とチケット状況について調べてみた。

福岡市にて開催される水泳の世界選手権が、2022年5月に延期されることが発表されました。

 

新型コロナウイルス感染拡大による、オリンピックの延期を受けた上での決定とのこと。

ということで今回は、2022年に開催を変更された世界水泳福岡大会について色々と、見ていこうと思います。

まず、世界水泳って?

世界水泳選手権とは、1973年から開催されている国際水泳連盟が主催する水泳の国際大会です。

開催は、夏季オリンピックの前年・翌年と設定されてい流ようです。

では次に、世界水泳の開催時期について見ていこうと思います。

世界水泳の開催時期は?

世界水泳は、基本的に7〜9月の間に開催されています。

しかし、1998年1月、2007年3月にオーストラリアで開催された大会は例外となっているようです。

これは、オーストラリアの6〜8月ごろが冬という気候によると思われます。

今回世界水泳、福岡大会が延期になった理由は?

では、今回世界水泳の福岡大会が延期になった理由について、見ていきます。

元々の世界水泳福岡大会の開催は、2021年7月16日〜8月1日の予定でした。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東京オリンピックの開催時期が1年延期。

東京オリンピックの開催時期は、2021年7月23日〜8月8日へと予定が変更されました。

 

東京オリンピックの開催時期が1年ずれた影響で、世界水泳福岡大会も開催時期が1年ずれ込んだのですね。

では次は、世界水泳福岡大会が開催される予定の場所について、見ていこうと思います。

世界水泳はどこで開催される予定?

世界水泳は、福岡市内の4つの施設に分かれて開催されるようです。

  • マリンメッセ福岡(競泳・アーティスティックスイミング)
  • 第2期展示場(水球)
  • 福岡国際センター(飛込)
  • シーサイドももち海浜公園(オープンウォータースイミング・ハイダイビング)

これらの4つの場所で、全6種類の競技が行われることが決まっています。

世界水泳福岡大会、2022年の開催日時は決まっている?

今回1年の延期が発表された世界大会福岡大会2022年。

その開催日時の詳細は、すでに決まっているのでしょうか。

 

2020年5月4日、国際水泳連盟の発表によると、

福岡市で来年7〜8月に予定されていた世界選手権を、2022年5月13日〜29日の日程に変更して開催することを決定しました。

とあります。

世界水泳福岡大会は、2022年5月13日〜29日に開催されるようですね。

世界水泳福岡大会、チケットの取得は?

では最後に、世界水泳福岡大会のチケット取得方法について、見ておこうと思います。

チケット販売の状況としては、2021年に開催される予定だった福岡大会のチケットも、まだ販売されていなかったようです。

開催日時自体が1年間遅くなったので、チケットの販売も先に伸び、まだ1年程度先になるのではないでしょうか。

 

いかがだったでしょうか。

今回は、世界水泳福岡大会が延期した理由、開催場所、開催日時とチケット状況について見てきました。

2022年は、無事世界水泳福岡大会が開催されることを願っています。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です