NHK首相会見に出ていた、尾身茂って何者?コロナ専門者?噂の修正予算「尾身枠」って?

NHKで報道された首相会見に出演していた、尾身茂さんが話題となっています。

 

尾身茂さんとは、一体何者なのでしょうか。

ということで今回は、尾身茂さんの経歴、専門分野、噂の「尾身枠」についてみていこうと思います。

まず、尾身茂って何者?

  • 名前:尾身茂(おみしげる)
  • 生年月日:1949年6月11日
  • 出身地:東京都
  • 職業:地域医療機能推進機構理事長

尾身茂の経歴

1949年ごろ、東京都にて生まれる。

高校卒業後、慶應義塾大学に入学するも、3回生のころに同校を退学。

当時は商社の社員や外交官になりたいと考えていたが、医学者の内村祐之が書いた本に感銘を受け、医師を目指す。

 

自治医科大学の1期生として、同大学に入学。

卒業後は東京都の病院にて、研修医として勤務した後、東京都の伊豆七島にて働き出した。

 

1990年ごろには、「B型肺炎の分子生物学的研究」にて医学博士号を取得した。

その後は厚生省に転じ、保険局の医療課にて働くように。

1999年には、世界保健機関、西太平洋地域事務局にて、第5代事務局長に就任。

 

日本に帰国したのち、2009年より自治医科大学にて教授を務める。

2012年8月には、新型インフルエンザ等対策有識者会議の会長を務めた。

 

そして今回の新型コロナウイルス流行を受け、2020年2月より「新型コロナウイルス感染対策専門家会議」の副座長を務める。

新型コロナウイルス感染対策専門家会議ってどんな役割を果たしているの?

尾身茂さんはインフルエンザ、肺炎などに秀でた、とても優秀な医者だということがわかりましたね。

では同氏が副座長を務める、新型コロナウイルス感染対策専門家会議とはどのような役割を果たしているのでしょうか。

 

簡単にいうと、新型コロナウイルス感染対策専門家会議とは、

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、現状の状況分析を行い、分析した結果

出典:新型コロナウイルス感染対策専門家会議公式サイト

を発表する会議なようです。

 

どうすれば新型コロナウイルスが収束するのかを話し合っている会議みたいですね。

なぜ、首相会見で尾身茂が炎上しているのか。

それではなぜ今回の会見で、尾身茂さんが炎上しているのでしょうか。

それは、

補正予算に65億円の「尾身枠」が含まれている。

からだそうです。

 

2020年4月30日に成立した、現金10万円一律給付等が盛り込まれた補正予算。

その中にひっそりと、尾身茂副座長の「特別枠」のような予算が組まれていたようですね。

 

その予算の真相はわかりません。

しかし、本当にその予算が尾身茂さんを特別扱いしたようなものだとしたら、それは良くない気がします。

何か特別な理由があるのかもしれませんが。

 

少し前に「行政の私物化」が批判されていましたが、そうでないことを願いたいですね。

 

ということで今回は、尾身茂さんの経歴、専門分野、噂の「尾身枠」について見ていきました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です