乃木坂46新4期生、林瑠奈(るなぴ)の経歴・アイドルになった理由・2600文字以上の独特ブログの内容をまとめてみた。

乃木坂46の新4期生、林瑠奈さんのブログがとても長文かつ個性的だと、話題になっています。

 

ブログに書かれていたアイドルに入った理由も、かなり独特なようです。

ということで今回は、林瑠奈さんの経歴・アイドルになった理由・ブログの独特な内容ついてみていこうと思います。

まず、林瑠奈さんって誰?

  • 名前:林瑠奈(はやしるな)
  • 生年月日:2003年10月2日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:O型
  • 身長:163cm
  • 職業:アイドル(乃木坂46、4期生)

林瑠奈さんの経歴

2003年、10月2日に神奈川県にて生まれる。

2018年8月、15歳で坂道合同オーディションに合格。

(※坂道合同オーディションとは、2018年6月から開始された、乃木坂46、欅坂46、日向坂46、3グループ合同の新メンバーオーディションである。)

 

2019年9月、坂道研究生の公式サイトがオープン、プロフィールが記載される。

2020年2月ごろ、SHOWROOMの配信中に、乃木坂46への配属と加入が発表された。

2020年5月には公式サイトにて、2回目のブログを投稿して話題を呼んでいます。

林瑠奈さんがアイドルになった理由が独特?

今回投稿されたブログ内に、彼女がアイドルを志した理由が、カミングアウトされていました。

その超独特な理由とは、

可愛い女の子と会いたかったから

初めは本当に、それだけの理由でオーディションに応募したと書かれています。

とても珍しくて面白い理由ですね。

その理由だけでオーディションに合格するとは、よほど可愛い女の子が好きだったのでしょう。

 

では次に、2600文字以上あった林瑠奈さんのブログの内容で特に面白かった部分を、簡単に説明したいと思います。

2600文字以上の長文ブログの内容を簡易説明!

それでは2600文字にも及ぶ長文ブログの特徴的な部分を簡単に説明してみます。

表現の仕方が独特「バトンを首下げタイプにチェンジ」

大天使りかから受け取ったバトンですが、「え、どうしよう!今回も落としちゃう、どうしよう!!」とのことなので、首下げタイプにチェンジしました。

「バトンを落としてしまうかもしれないから、首下げタイプにチェンジした」というなんともユーモラスな文章。

発想力がとても豊かですね。

 

そして内容は、オーディション秘話へと移ります。

「可愛い女の子に会いたい」それだけの理由で応募した。

まずオーディションを受けた経緯というかきっかけです。 色々囁かれていますが、

可愛い女の子に会いたい。

(いっちばん最初よ?)

それだけで書類審査に応募しました。

(いっちばん最初よ?2)

そうなのです。

先ほども簡単に書きましたが、彼女は可愛い女の子に会うためだけに、オーディションを受けたようです。

林瑠奈さん自身もとても可愛いのに、可愛い女の子が好きってもうすでに独特ですね。

また、オーディションの応募写真は、

もやT+学校指定ジャージ+ビーサン(花火柄ね)

というこれまた独特な格好で撮影したという勇者エピソードも。

歌審査では、白目を剥きながら歌を歌った。

てな感じで最終審査でも白目を剥き、ミオヤマザキさんの「芸能界」を歌いました。

白目とか剥いていたらふざけてると思われても致し方ないです。
(ふざけなしのプロの白目です。プロクオリティです。)

選曲もミオヤマザキさんの 『芸能界』と、独特で攻めた選曲だと思います。

さらに、普通緊張してガチガチになってしまいそうな歌の最終審査で、白目を剥きながら歌ったというのです。

恐るべき林瑠奈さんです。

林瑠奈は「るなぴ」と呼んでほしい。

前回のブログで呼んでほしい名前として「るなぴ」を挙げました。

前回のブログで、呼んでほしい自分のあだ名として「るなぴ」というとても可愛らしい名前を挙げた林瑠奈さん。

しかしその普及率は驚くほど低いそうです。

みなさんぜひ、コメントで「るなぴ」と呼んであげましょう。

 

いかがだったでしょうか。

今回は、林瑠奈さんの経歴・アイドルになった理由・ブログの独特な内容についてみていきました。

 

とても個性的な林瑠奈さん。

彼女は現在、ブログに寄せられたコメントに全て目を通しているようです。

早いうちから、そんな彼女のファンになっておきませんか?

きっとこれからどんどん有名で人気になっていくはずです。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

出典:乃木坂46公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です