岡江久美子さんってどんな人?経歴や出演作品。7人の女弁護士・アオハライド他

2020年1月11日から感染が始まった新型コロナウイルス(COVID-19)。

2020年4月26日現在、世界での感染者数は280万人、死者数は20万人を突破しました。

日本での感染も止まることはなく、感染者数は13000人。死者数は360人となっています。

 

日本でも多くの死者が出てくる、大変悲しい事態となってきました。

 

その死者の中には、芸能人も含まれます。

数週間前に世間に衝撃を与えた、志村けんさんの死去。

 

もうこれ以上犠牲者が出なければ良いと皆が祈っていました。

しかし、2020年4月23日、女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため、急死しました。

 

岡江久美子さんは、どのような女優さんだったのでしょうか。

ここでは彼女の過去のご活躍について、まとめてみていきたいと思います。

まず、岡江久美子さんってどんな人?

名前:岡江久美子(おかえくみこ)

生年月日:1956年8月23日

職業:女優・タレント

出身地:東京都世田谷区

配偶者:大和田漠

活動期間:1975年〜

若い方々から見た大江久美子さんは、TBS系列で放送されていた生活情報番組「はなまるマーケット」の司会者としての記憶が大きいのではないでしょうか。

 

そんな彼女は、どんな経歴を経てきたのでしょうか。

見て行きましょう。

大江久美子の経歴まとめ

1975年、TBSドラマ「お美津」の主演で芸能界デビューを果たす。

その3年後、1978年から「連想ゲーム」の紅組レギュラーとして、5年間出演を続ける。

 

1983年、同番組の白組レギュラーだった大和田漠さんと結婚を発表。

同年夏頃に、長女を出産。

(大江久美子さんの長女である大和田美帆さんは、女優・タレントとして現在も活躍しています。)

その後は1991年にTBS系ホームドラマ「天までとどけ」にて大家族の母親役を2004年まで務める。

 

1996年から2014年にかけては、「はなまるマーケット」の総司会者を薬丸裕英とともに務めた。

岡江久美子さんはどんな作品に出演していた?

では、岡江久美子さんはどのような作品に出演していたのでしょうか。

彼女は、映画よりもドラマを主として出演していました。

経歴よりももう少し詳しく見て行きましょう。

「7人の女弁護士」1991年〜1997放映テレビドラマ

【あらすじ】

主人公である弁護士の保坂夏子(賀来千香子)は、父の引退をきっかけに、父の法律事務所を引き継ぐこととなった。

法的に弱い立場となっている多くの女性を救うため、彼女は所属弁護士が全員女性の「7人の女弁護士事務所」を立ち上げる。(女弁護士、氷村玲子役:岡江久美子)

様々な理由で不利な状況に立たされれた困る女性たちを救うべく、7人の弁護士が立ち上がり、法廷で闘うヒューマンドラマ。

 

「密会の宿」2004年放映テレビドラマ

【あらすじ】

旅館「くわの」では、男女が人目を忍び訪れる。

旅館「くわの」の女将・桑野厚子(岡江久美子)は、「くわの」に居候する作家志望の久保隆(東幹久)とコンビを組み、連続殺人事件の真相に挑み解決していく。

「アオハライド」2014年放送の実写映画

【あらすじ】

中学生の時、男子が苦手で大人しくしていた吉岡双葉(本田翼)は、猫をかぶっていると疎まれ、卒業まで孤立した。

高校では女子に嫌われないように、わざとがさつに振る舞う双葉は、中学時代の初恋の相手「田中くん」と再会する。

しかし、田中くんは中学生の時とは性格が変わっていて、、、

 

 

実は2014年に放映された大人気実写映画「アオハライド」でも、洸と陽一の母親役として、岡江久美子さが出演されていました。

 

このように、岡江久美子さんは多くの作品に出演された女優さん(タレントさん)でした。

今回、新型コロナウイルスで亡くなってしまったことが残念で仕方がありません。

コロナの影響で家にいる時間が多いこの機会、大江久美子さんの出演されていた作品を見てみませんか?

 

岡江久美子さん、ご冥福をお祈りいたします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です